子宮内膜症の主な症状

女性がかかる婦人科系の病気に子宮内膜症があります。
子宮内膜症は発生率が1割以上にのぼりますが、現在は増加傾向にあります。子宮内膜症が起こると、妊娠しにくくなったり痛みが発生するといった症状が現れるようになります。
元々月経困難症を患っている女性に発生しやすい病気で、月経時の下腹部痛や出血量の多さも特徴です。月経以外の時でも下腹部が痛くなる方もいらっしゃいます。さらに性交時に痛みが起こることも子宮内膜症の症状の一つです。
症状が悪化すると血尿が出たり下血がみられることもあります。このような状態になる前に医師の診察を受けて適切な治療を受けなければなりません。
婦人科を受診すると超音波検査や内診を受けます。直ちに治療に取り掛かりますが、緊急を要する場合は手術を受ける必要があります。重い症状が起こっていたり既に進行している場合は手術が選択されるでしょう。これから赤ちゃんを産む予定かどうかによっても治療法が変わってくることがあります。
手術ではなく薬を使って治療を進めていく場合は、痛みを抑える薬を服用する対症療法になることがあります。
ある程度時間をかけて治療する場合は、避妊薬を使用することになるでしょう。避妊薬には様々な効果があり、単に妊娠を回避するだけではありません。月経困難症が改善されたりニキビのような肌トラブルを解消する効果もあります。子宮内膜症を改善する効果も証明されており、実際に治療のために使われています。
子宮内膜症の疑いがあって医師の診察を受けず、自己判断で避妊薬を使用することは避けましょう。避妊薬は市販の物を誰でも簡単に入手できますが、子宮内膜症の症状を改善するために使用しても効果が得られなかったり、別の副作用が起こる可能性もあります。