子宮内膜症の検査をするには

子宮内膜症とは、子宮内膜が子宮以外の場所である卵巣や腹膜などで増えて、剥離を繰り返す病気です。子宮内膜は本来、子宮の内側にしか存在しないものです。
子宮内膜症になっているのかどうか、わからなくて不安になってしまう人もいるはずです。どのような検査を受けるのか、疑問に思うこともあるでしょう。子宮内膜症の検査には、色々なものがあります。
子宮内膜症の検査をするには、まず、婦人科に行って診察を受けます。但し、子宮内膜症の検査をするには、月経でない時に行く必要がありますので、注意するようにしましょう。月経痛や月経の量など、自覚症状がある場合は、医師に話をします。内診で子宮の大きさを見たり、卵巣のはれがないかなど、検診が行われます。お腹を押して痛い処がないかも確認されるでしょう。
超音波検査もあります。お腹の上から超音波をあてて検査する方法と、膣の方からみる超音波がありますが、膣の方から検査する方が詳細まで確認することが出来ます。その他、血液検査もあります。腫瘍マーカーでみることで、血液中の数値を確認してみます。但し、月経中は数値が高くなってしまいますので、月経中は避けるようにすることが大切です。MRI検査などを受ける場合もありますし、腹腔鏡検査で確認する場合もあります。
これらの検査を受ける前に、副作用やメリットなどについて、しっかりと説明を受けておくことが大切です。また、子宮内膜症であるとわかった場合、治療にはピルが用いられることがあります。低用量または中用量のピルです。ピルは避妊薬としても使われますが、子宮内膜症の治療に有効であるため、避妊薬としてでなく、治療薬として使われることが多いです。但し、避妊薬として使っていても、子宮内膜症の治療で使っていても、医師としっかりと相談した上で使用するようにすることが大切です。