避妊薬以外の子宮内膜症治療法

子宮内膜症は、20歳台から30歳台の女性に多く見られる病気で、子宮内膜が何らかの原因で本来あるはずの子宮の内側以外の場所に形成されてしまうために起きるもので、炎症による痛みを伴ったり、古い血液が塊となって溜まるチョコレートのう胞を生じたりします。
この病気には女性ホルモンが関連しているため、治療にあたっては避妊薬として一般的な中容量ピルなどが用いられます。これによって子宮内膜の増殖が抑えられるとともに、月経に伴う痛みも軽減されますが、もともとが避妊薬のために妊娠予定が当面ない人に限った利用となります。
しかしながら、最近ではこうした避妊薬を用いない薬物療法も開発されていますので、症状やライフスタイルにあった治療法を選択できるようになっています。
例えば、黄体ホルモン療法は、名前のとおり女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを含む製剤を投与するもので、子宮内膜症の病変部に直接働きかける効果が期待できるほか、のぼせや発汗などの更年期のような症状が出る副作用も少ないとされています。
偽閉経療法は、薬物によって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えて人工的に閉経状態を作り出すというもので、更年期によく見られるような症状が副作用として出やすいとされていますが、投与をやめれば治ります。
薬物療法のほかには手術療法があり、特に直径の大きなチョコレートのう胞ができた際には、破裂するリスクを避けるための早期の手術が有効となります。おなかを切開する開腹手術、麻酔をして小さな手術器具をおなかに挿入する腹腔鏡手術のふたつの手法があります。
また、根治手術としては子宮と卵巣の摘出術があり、当然ながら女性ホルモンが分泌されなくなるため、子宮内膜症の原因となっている組織も手術後にはしだいに消滅してしまいます。