子宮内膜症の主な症状

女性がかかる婦人科系の病気に子宮内膜症があります。
子宮内膜症は発生率が1割以上にのぼりますが、現在は増加傾向にあります。子宮内膜症が起こると、妊娠しにくくなったり痛みが発生するといった症状が現れるようになります。
元々月経困難症を患っている女性に発生しやすい病気で、月経時の下腹部痛や出血量の多さも特徴です。月経以外の時でも下腹部が痛くなる方もいらっしゃいます。さらに性交時に痛みが起こることも子宮内膜症の症状の一つです。
症状が悪化すると血尿が出たり下血がみられることもあります。このような状態になる前に医師の診察を受けて適切な治療を受けなければなりません。
婦人科を受診すると超音波検査や内診を受けます。直ちに治療に取り掛かりますが、緊急を要する場合は手術を受ける必要があります。重い症状が起こっていたり既に進行している場合は手術が選択されるでしょう。これから赤ちゃんを産む予定かどうかによっても治療法が変わってくることがあります。
手術ではなく薬を使って治療を進めていく場合は、痛みを抑える薬を服用する対症療法になることがあります。
ある程度時間をかけて治療する場合は、避妊薬を使用することになるでしょう。避妊薬には様々な効果があり、単に妊娠を回避するだけではありません。月経困難症が改善されたりニキビのような肌トラブルを解消する効果もあります。子宮内膜症を改善する効果も証明されており、実際に治療のために使われています。
子宮内膜症の疑いがあって医師の診察を受けず、自己判断で避妊薬を使用することは避けましょう。避妊薬は市販の物を誰でも簡単に入手できますが、子宮内膜症の症状を改善するために使用しても効果が得られなかったり、別の副作用が起こる可能性もあります。

20~30代に増え続ける子宮内膜症

子宮内膜症とは本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様が子宮以外の場所にできてしまう病気で、病気の根本は単純ではありますが最も問題となるのが「痛み」であり、不妊症の原因にもなりうるもので、若い世代に増え続ける子宮内膜症は軽視できない病気となっています。
子宮内膜症の診断として内診、血液検査、画像診断による方法と腹腔鏡による方法があるますが、通常は内診と超音波による方法だけで子宮内膜症と診断される場合が最も多いと考えられます。
内診所見だけでも高確率で子宮内膜症の診断が可能であることと、比較的簡易な検査法で患者の負担・苦痛を軽減できるからです。
しかし高確率といっても誤診の可能性がないわけではありません。
実際、子宮内膜症ではないと診断された方でも腹腔鏡で発見された例もあり、より確実性を求める方は腹腔鏡の使用が必須となりますが、腹腔鏡には全身麻酔下での手術という方式をとるために、はたして「診断」のためにそのリスクと負担を払うことが妥当と言えるのかというと疑問が浮かぶところです。
そして子宮内膜症の治療には大きく分けると手術療法と薬物療法があり場合によっては両方を併用して行います。
手術療法は開腹手術と前述した腹腔鏡がありますが、薬物療法としては避妊薬が用いられます。
避妊薬として知られるピルは子宮内膜症の予防としても効果があり、不妊の原因の一つである子宮内膜症を心配されている方には効果的な予防法と言えます。
ピル=避妊薬のイメージが強く飲むことに抵抗を感じる方もいらっしゃると思われますが、初潮の低年齢化や出産の高年齢化で子宮内膜症のリスクが増加している中で、できる限りの方法で不妊に繋がる子宮内膜症の予防をしていくことを考えていく必要があるのではないでしょうか。

避妊薬以外の子宮内膜症治療法

子宮内膜症は、20歳台から30歳台の女性に多く見られる病気で、子宮内膜が何らかの原因で本来あるはずの子宮の内側以外の場所に形成されてしまうために起きるもので、炎症による痛みを伴ったり、古い血液が塊となって溜まるチョコレートのう胞を生じたりします。
この病気には女性ホルモンが関連しているため、治療にあたっては避妊薬として一般的な中容量ピルなどが用いられます。これによって子宮内膜の増殖が抑えられるとともに、月経に伴う痛みも軽減されますが、もともとが避妊薬のために妊娠予定が当面ない人に限った利用となります。
しかしながら、最近ではこうした避妊薬を用いない薬物療法も開発されていますので、症状やライフスタイルにあった治療法を選択できるようになっています。
例えば、黄体ホルモン療法は、名前のとおり女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを含む製剤を投与するもので、子宮内膜症の病変部に直接働きかける効果が期待できるほか、のぼせや発汗などの更年期のような症状が出る副作用も少ないとされています。
偽閉経療法は、薬物によって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えて人工的に閉経状態を作り出すというもので、更年期によく見られるような症状が副作用として出やすいとされていますが、投与をやめれば治ります。
薬物療法のほかには手術療法があり、特に直径の大きなチョコレートのう胞ができた際には、破裂するリスクを避けるための早期の手術が有効となります。おなかを切開する開腹手術、麻酔をして小さな手術器具をおなかに挿入する腹腔鏡手術のふたつの手法があります。
また、根治手術としては子宮と卵巣の摘出術があり、当然ながら女性ホルモンが分泌されなくなるため、子宮内膜症の原因となっている組織も手術後にはしだいに消滅してしまいます。