避妊薬の処方は病院にて健康保険が適用されるか?

「低用量ピル」とは、妊娠を防ぐ効果が期待できる経口避妊薬のことです。低用量ピルの避妊効果は、指示通りに服用することで、ほぼ100パーセントに近い効果を発揮します。
経口避妊薬は、卵巣から分泌されている黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。
経口避妊薬のメリットは、確実な避妊効果が続くことです。妊娠を防ぐ目的の服用だけではなく、婦人科系の疾患にも効果を発揮rひます。生理不順の方は、生理周期が安定します。生理痛や月経前症候群が改善されます。卵巣がんや子宮体がん、子宮内膜症の抑制と予防が可能です。
経口避妊薬は、世界中ではメジャーですが、日本では近年ようやく普及するようになりました。
経口避妊薬の低用量ピルは、病院やレディースクリニックなどの専門医療期間で処方してもらえます。
避妊目的で服用する際の低用量ピルは、健康保険が使用できす、自費診療です。一方、婦人科系の疾患で服用する場合は、自費専用のピルの使用以外に、健康保険が使用できる保険診療のピルが処方されます。
ピルを服用する目的や、症状の程度によっても、健康保険適用のお薬となるのか、自費のお薬となるかは、変わってきます。
ピルは、1日1回1錠を服用します。21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは、21日間服用後に7日間休薬します。28錠タイプは、21錠がホルモン剤が入っており、残り7日間は偽薬で飲み忘れを防ぎます。病院によって、置いているタイプは異なります。
低用量ピルの服用を考えておられる方は、病院などの医療機関に相談してみましょう。 副作用や服用に関する注意もあるので、不明点、疑問点、現在の自分の身体の状態をしっかりと医師に伝えて、処方してもらうことが大切です。